ダイエットサプリは本当に痩せることが出来るの?

夏が近づき薄着の季節になってくると、どうしても気になり始めるのがダイエットについてです。

『ノースリーブが着たいけれどこの太い二の腕を出すのはいや…』『短いスカートやホットパンツを履きたいけれど、足の太さが気になる』という声は多く聞かれます。

また夏は海やプールのシーズンなので水着になる機会も多く、そうなると必然的に全身のシルエットが気になってしまうのは仕方がないことです。

忙しい生活の中で運動や正しい食生活に気をつける余裕がない…という方におすすめしたいのが、ダイエットサプリを活用することです。

では、具体的にはダイエットサプリにはどのような種類があるのでしょうか。

ダイエットサプリには、大きく分けて3つの種類があります。

1つ目は水分や老廃物の排出をしやすくする『排出系』、2つ目は食事におけるカロリーの吸収を抑える『吸収阻害系』、3つ目は体脂肪の燃焼をサポートする『燃焼系』です。

このうちのどれを選ぶかはそれぞれの生活や性格によっても変わってきますが、どれを選んでも普通に生活しているよりは体を引き締められることは確かです。

商品によってはこれらの特徴が組み合わされていることもありますし、期間によって飲み分けが指定されているものもあります。

ダイエットサプリに含まれている痩せるための成分について

このように、忙しい現代人のダイエットの強い味方となってくれるサプリメントですが、一体どのような成分が含まれていることによってダイエット効果が得られるというのでしょうか。

それぞれの特徴からそのあたりのことを紐解いていこうと思います。

まず、排出系のサプリメントに多く含まれているのは、むくみを解消するような成分と腸内の滞りを解消する成分です。

水分や老廃物の巡りを正し、毒素の排出を促すことによってダイエット効果を得ることが出来ます。

このようなデトックスを促す成分としてはカリウムやアミノ酸、αリポ酸などが挙げられます。整腸作用のある乳酸菌や、便秘を解消する食物繊維が多く含まれているものもあります。

次に食事の栄養の吸収を抑えるサプリメントですが、こういった商品には白インゲン豆の成分が含まれていることが多いです。

他にはギムネマやサラシアエキス、脂肪吸収抑制作用が大きいゼニカルなどが含まれていることがあります。

最後に燃焼系のサプリメントですが、これにはL~カルニチンやアミノ酸など燃焼系としてよく知られている栄養素のほか、唐辛子由来のカプサイシンやフォースコリーなどが含まれていることが多いようです。

これらは運動前に摂取するとより効果的です。

ダイエットサプリをただ飲んだだけでは痩せれない

このように私たちのダイエット生活を効果的にサポートしてくれるダイエットサプリですが、ただ漫然と飲み続けただけでは効果が得られないことが多いものです。

いつもの生活にサプリをプラスするだけではなく、その効果を最大限に得るためにはちょっとしたポイントを抑えることが必要です。

まず、生活の習慣そのものを見直す必要があります。体から老廃物を排出することがうまくいかないのは、多くは摂取する水分量が足りていないせいです。

水分が足りないと、内臓は最大限に活躍することが出来ず老廃物が滞りがちになり、むくみや便秘といったダイエットの敵を生み出してしまいます。

1日2リットルほどの常温の水を飲むように心がけるだけでも、水分の巡りが良くなり高いデトックス効果をもたらします。

ダイエットサプリを飲用する場合にも、多くの水分をとっておいた方が体の隅々までその効果が行き渡ります。

そして、日常生活で今までよりもほんの少し、体を動かすように意識することは大切です。

これは筋肉を刺激するばかりでなく、体を動かすことによって関節に溜まりがちな水分や老廃物を排出しやすくする効果もあります。

通勤時間にはなるべく立っているように心がけたり、階段を使うように意識をするだけでも違ってきます。

ダイエットサプリの効果を最大限に得るためには、こうしたちょっとした工夫も大切です。